WiMAX 店舗 ネット

家電量販店に行けばWiMAXの端末が並んでいるのを見かけると思います。
またネットを見ればWiMAXの広告を見かけるでしょうし、WiMAXを扱っている会社のWEBサイトもご覧になったことがあるかもしれません。
いろいろな会社がWiMAXを扱っているなかで、WiMAXを家電量販店やauショップ等の店舗で申込むのと、ネットで申込むのとどちらが有利なのか、徹底的に調べてみました。
WiMAX選びの参考に是非してください。

 

WiMAXの申し込みができるところ

WiMAXは以下のところで申込むことができます。
1. 家電量販店
2. auショップ
3. WEB系プロバイダ

 

WiMAXはUQ WiMAXが回線の運営元ですが、販売についてはUQ WiMAXの販売代理店であるプロバイダが、独自にブランド名をつけて、また、独自に料金やキャンペーンを設定して販売しています。

 

ですから、WiMAXを申込める場所としては、
UQ WiMAXのWEBサイト(UQ WiMAXに直接申し込み)
家電量販店の店舗(各プロバイダ経由で申し込み)
auショップの店舗(au経由で申し込み)
WEB系プロバイダのWEBサイト(各プロバイダ経由で申し込み)
となります。

 

WiMAXを家電量販店の店舗で申込む

ほとんどの家電量販店でWiMAXを扱っています。

  • ヤマダ電機(YAMADA Air Mobile WiMAX)
  • ビックカメラ(BIC WiMAX)
  • ヨドバシカメラ(ワイヤレスゲート)
  • ジョーシン
  • ノジマ
  • コジマ(BIC WiMAX)
  • エディオン(KuaLnet)
  • ケーズデンキ(KT-WiMAX)
  • ベスト電器(YAMADA Air Mobile WiMAX)

( )内はプロバイダの名前です。

 

家電量販店の店舗で申込むメリット

店員に直接疑問点等について質問できる
申込んだら即日持ち帰って使い始めることができる

家電量販店の店舗で申込むデメリット

店員と直接話すことで売り込まれることも多い
月額料金が高い

家電量販店で申込むべきか

結論から言うとおすすめできません。
何といっても料金が高いからです。
ヤマダ電機を例に挙げてご説明します。

 

ヤマダ電機では「6万円(税込み)引き」というような、かなりインパクトが大きいキャンペーンをけっこうやっています。WiMAX加入で、ヤマダ電機で売っている家電製品を6万円引きで買えるというものです。
相当トクな気がしますが、6万円割引には「ちゃんと?」からくりがあります。
「6万円割引になる代わりに、月々6,400円(税込み)払ってください」
UQ WiMAX「ギガ放題プラン」の月額料金は4,380円なのですが、ヤマダ電機で申込んだ場合の月額料金は5,926円(税込み6,400円)と1,546円も高いのです。
これでは実質的には19,926円の割引にしかなりません。

 

家電製品からの割引のかわりに、15,000円のキャッシュバックを選ぶこともできますが、この場合も「UQmobileのSIMを契約する」条件がついていますので、実質的には1万円程度のキャッシュバックにしかなりません。

 

条件等ついていても、19,926円の割引や実質1万円のキャッシュバックは魅力的だと思う人もいるかもしれませんが、後述のWEB系プロバイダではもっと大きなメリットがあります。

 

以上ヤマダ電機を例にとって説明してきましたが、ほかの家電量販店でも程度の差こそあれ、だいたい同じようなものです。

 

WiMAXをauショップの店舗で申込む

結論から言えばNOです。
理由は、キャンペーン等の特典が一切ないからです。
おまけに、一般的な傾向として、auショップの店員さんは、auの携帯電話についてはもちろん詳しいのですが、WiMAXについてはそれほどでもないという印象があります。

 

WiMAXをWEB系プロバイダで申込む

一番のおすすめは、WEB系プロバイダでの申込です。
理由は、安く申込むことができることです。

 

WEB系のプロバイダは、店舗・人件費といった大きな費用がかかるところにお金を使う必要がないため、その分料金を安くおさえるほうにお金を割くことができます。
プロバイダが料金を安くする方法は、2つあります。
1. キャッシュバック
「2万円キャッシュバック!」等インパクトのある打ち出し方ができるため、この方式をとっているプロバイダがほとんどです。
多くは、月額料金はUQ WiMAXとほぼ同額で、キャッシュバックを特典として提供しています。

 

ただ、この方式の大きな弱点であり、申込む側にとっては要注意なのが、キャッシュバックを受け取れている人は意外に少ないということです。
一説によると2割程度のユーザーしか受け取れていないプロバイダもあるとのこと。
なぜ受け取れている人が少ないのかというと、キャッシュバックを受け取るハードルが高いのがその理由です。
まず、受け取れる時期は約1年後というプロバイダが多いこと。
それと問題はこれがほとんどですが、キャッシュバックは自動振り込みではなく、申請して初めてもらえるということ。しかも、申請方法を案内するメールが、ふだん自分が使っていないメールアドレス(WiMAX契約時に無料で発行されたプロバイダメール)宛送られてくることで、ほとんどの人が気づかないということも、ハードルを大きく上げています。
2. 月額料金からの割引
キャッシュバックをするかわりに、月々の料金からの割引というスタイルがこれです。
UQ WiMAXの月額料金よりも約1,000円近く安い料金設定がされています。

 

そのなかでも業界最安級の月額料金で人気なのが「Broad WiMAX」です。

 

 

おすすめはBroad WiMAX

Broad WiMAXが一番のおすすめになりますが、そのおすすめポイントは3つあります。

 

1. 業界最安級の月額料金
UQ WiMAXの通常プランは月額3,696円、ギガ放題プランは月額4,380円であるのに対して、Broad WiMAXの通常プランは月額2,726円、ギガ放題プランは月額3,411円と、1,000円弱安い料金となっています。

 

2. 受け取るハードルが高いキャッシュバックではなく、月々の料金が安いという「確実に受け取れるメリット」であること

 

3. 場所によっては受取センターでの即日受取やバイク便での即日配達も可能であること
秋葉原と渋谷に受取センターがあるので、東京には限られますが、当日受け取ることができます。

 

 

業界最安級の月額料金で人気のプロバイダ「Broad WiMAX」の公式ページを見てみる

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る